【WordPressプラグイン】スクロールしたら画像を読み込む【SEO対応】

ワードプレスってCMSの中でもSEOに強いとか言われますが、その最大の理由がプラグインが豊富だからでしょう。

ワードプレスロゴ

ページの読み込み速度は重要!

中でもサイトの表示速度は重要で、単純に読み込み時間が掛かると表示前にユーザーは戻ってしまいます。

表示速度に影響を与えるものは様々ですが、「画像」や「Javascript」などが重い理由のほとんどで、画像圧縮やasyncなどで読み込みを遅延するなど様々な工夫が必要になります。

スクロールしたら画像を読み込むWordpressプラグイン「Lazy Load」

今回のワードプレスプラグイン「Lazy Load」は、表示されている部分の画像だけ読み込み、他の画像はスクロール時に必要な分だけ読み込むようになります。

これによってページ遷移時にファーストビューの画像しか読み込みが発生しないので、ページの表示スピードが向上するので離脱が減る事が期待できます。

「Lazy Load」の導入方法

導入はとても簡単でWordpressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」で、プラグイン検索窓に「Lazy Load」と入力し以下のプラグインを「インストール」後に「有効化」します。

WPスクロール読み込みプラグイン「Lazy Load

プラグイン有効化後は勝手にサイトの全ページに適応されているので、自分のサイトを表示してみましょう。画像以外は通常通り最初に読み込むので画像の多いページには特に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です