【リスティングマッチタイプ】”部分一致/部分絞り込み/フレーズ一致”の違い忘備録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訳ありましてリスティング広告を初めて出稿する機会がありました。

リスティング広告ではキーワード単位で入札できるのですが、
「設定したキーワードに対してどこまでの振れ幅で広告を表示させるか」
を決めることができます(マッチタイプ)

正直初回なので全く分からずだったので、
自分用の忘備録として書きます。

マッチタイプ「部分一致」の注意

部分一致という名前ですが、実際には設定したキーワードや類義語、関連語を入力した場合にも表示されるため
かなり広い範囲に広告が表示されます。
(全マッチタイプの中で最も広く検知する)

リスティング初期設定が「部分一致」になっているのもあり
知らずにこのマッチタイプにしていると
入札単価によっては一気に広告費を使い切ってしまうこともありそうです。

マッチタイプ「部分絞り込み一致」とは

マッチタイプに部分絞り込み一致を設定すると以下の条件が掛かります。
1.設定キーワードを含むキーワードに表示

例を挙げると、「横浜 カーシェア」という2連語にマッチタイプ「部分絞り込み一致」で設定すると

横浜 カーシェア
横浜 カーシェア 激安 (前後に他のキーワードがあってもOK)
激安 横浜 カーシェア (前後に他のキーワードがあってもOK)
横浜 カーシェアリング 
横浜 格安 カーシェア (間に他のキーワードがあってもOK)
カーシェア 横浜 (キーワードの順番が反対であってもOK)

と関連語や類義語は無しですが、設定キーワードを含む組み合わせには表示します。

マッチタイプ「フレーズ一致」とは

マッチタイプにフレーズ一致を設定すると以下の条件が掛かります。

1.設定キーワードを含むキーワードに表示
2.複合語の場合は、キーワードの順番が同じキーワードに表示

なので例えば、「横浜 カーシェア」という2連語にマッチタイプ「フレーズ一致」で設定すると

横浜 カーシェアリング (1と2を満たす)
横浜 カーシェア 格安 (1と2を満たす)
格安 横浜 カーシェア (1と2を満たす)

にはリスティング広告が表示されますが

カーシェア 横浜 (1を満たすが2を満たさない)
横浜 格安 カーシェア (1を満たすが2を満たさない)

にはリスティング広告は表示されません

マッチタイプ「完全一致」とは

一番イメージしやすそうなのがこの完全一致というマッチタイプではないでしょうか。

1.設定キーワードと同じキーワードに表示
2.複合語の場合は、キーワードの順番まで同じキーワードに表示

とドンピシャで設定と同じキーワードと順番でないと表示されません。

「横浜 カーシェア」という2連語にマッチタイプ「完全」で設定すると

横浜 カーシェア

のみに表示されるという訳です。

マッチタイプまとめ

分かりやすく(自分に)すると

部分一致 > 部分絞り込み一致 > フレーズ一致 > 完全一致

の順で表示回数が多くなります。
ただしクリックに対して課金されるリスティング広告に於いては
表示回数よりもコンバージョン率を優先してCPAを高める方が重要だったりするので
一概に優劣はつけられず、ケースバイケースだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*